ピュアルピエで二の腕の摩擦が原因のトラブルケア

ピュアルピエでケア!二の腕のブツブツは摩擦で悪化する

 

二の腕のブツブツの正体は毛孔性苔癬(毛孔角化症)というものです。

 

読みにくい感じですが、毛孔性苔癬の読み方は「もうこうせいたいせん」と読みます。

 

また別名で毛孔角化症と呼び、読み方は「もうこうせいかくかしょう」と読み、皮膚の疾患ということですから、つまりは病気ということになりますね。

 

ここでは、簡単に二の腕のブツブツで表現します。

 

 

二の腕のブツブツの原因

 

二の腕のブツブツの発症原因は実は未だにはっきりとわかっていないのだそうです。

 

肌が汚いというわけでもありませんし、何かに感染しているわけでもないのです。

 

二の腕のブツブツの一番の要因は遺伝によるものだと考えられています。

 

しかし、あくまでこれも仮定の話のようです。

 

原因が分からない以上、二の腕のブツブツの根治は難しいというのが一般的となっているのですが、症状を緩和する対処療法も存在しているのです。

 

 

乾燥対策と保湿

 

二の腕のブツブツの悪化の直接の原因としてあげられるのが乾燥や摩擦による刺激です。

 

ですから、衣服等で乾燥や摩擦の刺激を受けるので、お風呂上がりにはローションやクリームなどで保湿を欠かさないようにするのがもっとも効果的な対策となります。

 

根本的な治療法というわけではないのですが、適度な保湿によって二の腕のブツブツの悪化を防ぐことができます。

 

 

刺激を与えない

 

二の腕のブツブツをなくそうとして、ゴシゴシとこするのは悪影響となります。

 

摩擦などを起こして取り除けるものではありません。

 

むしろ保湿をして肌を柔らかくすることが対策につながるのです。

 

ですので、ムダ毛処理をするのも刺激になってしまうことも覚えておきましょう。

 

カミソリや除毛クリームはどちらも肌に刺激を与えてしまい、二の腕のブツブツを悪化させてしまいます。

 

ですので、ムダ毛を処理する時も注意が必要です。

 

二の腕のブツブツの症状がひどい時は、摩擦ともどもカミソリや除毛クリームはできるだけ避けるようにしましょう。

 

 

二の腕に与える摩擦とは?

 

腕を露出する季節になると、特に気になる二の腕のブツブツです。

 

二の腕のブツブツが年中あることに悩んでいる人はおよそ6割といわれています。

 

この二の腕のブツブツとは一体なんなのでしょうか。

 

二の腕のブツブツ治すことはできるのでしょうか。

 

肌が乾燥しているとブツブツができやすくなります。

 

そのため、肌のターンオーバーを整えるためにも保湿が二の腕のブツブツにはもっとも大切です。

 

そして、二の腕のブツブツには摩擦のような刺激は与えないようにしなくてはいけません。

 

というのも、二の腕のブツブツは刺激によってもできやすいからです。

 

根本的な原因はわかっていないのですが、二の腕を露出している人よりも、二の腕を隠している人のほうに二の腕のブツブツができやすいという調査結果もあります。

 

乾燥した肌に衣服などが擦れることで、さらに刺激をして、もともとあった二の腕のブツブツを悪化させることがあるということですね。

 

 

毛孔性苔癬はこすると取れるは本当?

 

二の腕のブツブツが気になって、ノースリーブが着られないということで悩んでいる人も少なくないでしょう。

 

そこで、どうしても毛孔性苔癬にたいしてしてはいけないことを紹介します。

 

ナイロンの身体洗いのタオルや、あかすり用のタオルでゴシゴシと毛孔性苔癬をこするのは、NG中のNGです。

 

二の腕のブツブツどころか皮膚を傷つけてしまう恐れもあります。

 

色素沈着などの肌トラブルを引き起こす可能性もあるので、身体を洗う際はよく泡だてて、毛孔性苔癬の部分は優しく洗うようにしましょう。

 

一般的に毛孔性苔癬はこすったら取れると思い込みがちですが、そんなことはありません。

 

むしろ悪化を招いてしまうので絶対に強くこすることのないようにしましょう。

ジュエルレインが一番安い公式サイト!