アトピーと乾燥肌の関係

アトピーと乾燥肌の関係

アレルギーにはさまざまな種類があります。

 

特にアトピーは、皮膚疾患として有名でしょう。

 

 

アトピー性皮膚炎の原因は、まだ明確には解明されていません。

 

しかし、皮膚のバリア機能が低下して乾燥状態になった肌にアレルゲンの侵入があったり、ストレスなどの環境的要因が重なり症状が起こると考えられています。

 

アレルゲンの侵入は人によって違いますが、ダニ、ほこり、食品などが多いでしょう。

 

 

アトピーの症状は個人差があり、要因も違いますし原因も異なります。

 

しかし、皮膚のバリア機能を高めることでアトピーが発症しにくい状態にすることは可能です。

 

 

人の皮膚にはバリア機能が備わっていて、外部からの刺激、雑菌、外敵などが体内に入り込まないようにしてくれます。

 

そして、バリア機能があるおかげで肌内部に吸収された水分がもれず、肌の潤いを維持することができるのです。

 

 

バリア機能は肌内部の3層、表皮、真皮、皮下組織の中の表皮内部、角質という部分にあります。

 

健康的な皮膚状態であればさまざまな物質をはねのけてくれますが、アトピー性皮膚炎状態の肌は外敵も侵入しやすく、水分も蒸発しやすい状態となっているのです。

 

 

バリア機能を高める成分といえば、セラミドです。

 

食品やスキンケアからセラミドを吸収することで、アトピーの発祥しにくい状態にすることが出来るかも知れません。

 

 

乾燥肌の正しいスキンケア方法

 

乾燥肌対策で重要なのが、正しいスキンケアをする事です。

 

食事や生活習慣で改善する方法もありますが、毎日保湿効果のある食品をたくさん食べたり環境を変えることは難しいでしょう。

 

しかしスキンケアなら毎日の少しの心がけで簡単に続けることが出来ます。

 

そのため、乾燥肌に悩んでいる人はスキンケアから見直す様にしましょう。

 

 

まず、乾燥肌を改善する為には正しい洗顔が重要です。

 

顔を擦り過ぎてもいけませんし、洗顔料を付ける時間が長すぎてもいけません。

 

洗顔料は肌に一定のダメージを与えています。

 

そのため、出来るだけ素早く洗顔を終わらせるようにしましょう。

 

そのかわり、すすぎは丁寧に行ってください。

 

 

また、洗顔後は素早く保湿をするようにしましょう。

 

洗顔後は一番肌が乾燥しやすい時間なので、すぐに保湿をすることで肌の乾燥を防げます。

 

 

スキンケアは、高保湿効果のある成分の入った商品を使いましょう。

 

たとえばセラミド。

 

セラミドは、角質細胞間脂質の一種であり、セラミドが不足していると肌の水分量は8割低下するといわれています。

 

そのためセラミドをたっぷりと補給する必要があります。

 

 

ヒアルロン酸も重要です。

 

ヒアルロン酸は水分保持力が高く、高い保湿効果を持っています。

 

高分子、低分子両方のヒアルロン酸を補うことで、すみずみまで保湿をすることが出来るでしょう。

 

 

酷い乾燥肌は病院に行った方が良いのか?

 

 

乾燥肌は、基本保湿をすることで改善をすることが出来ます。

 

普通の乾燥肌の場合は病院へ行かなくてもスキンケアをしっかりと行うことで改善することが出来るでしょう。

 

 

しかし、かゆみを伴う乾燥肌は違います。

 

乾燥が原因でかゆみが生じた場合は、発疹が出てしまったし湿疹が起こる可能性があります。

 

特に、肌の乾燥、発疹、熱が生じた場合は内臓疾患の可能性があるでしょう。

 

 

他にも、かゆみを伴う酷い乾燥は病気が原因の可能性もあります。

 

 

病気が原因でなくても、痒みのある酷い乾燥は肌に負担がかかったり、ただの乾燥肌ではなくアトピーやアレルギーの可能性もあるでしょう。

 

そのため、たかが乾燥肌などといわずに皮膚科に行くことをおすすめします。

 

 

また、長年乾燥肌に悩んでいる場合も皮膚科に行ってみると良いかもしれません。

 

最近はニキビの治療で皮膚科に行く人も増えていますし、乾燥肌で病院に行くと肌に良い内服薬を処方してくれたり、体質改善の相談に乗ってくれる場合もあります。

 

 

軽度の乾燥肌の場合は問題がありませんが、しっかりとスキンケアをしているのになかなか改善しない、痒い、乾燥が原因で肌に炎症が起きたなどの場合はすぐに皮膚科にいくことをおすすめします。

ピュアルピエが一番安い公式サイト!