年齢によって肌はどんどん変わる!

年齢によって肌はどんどん変わる!乾燥も老化

年齢によって乾燥肌の原因やなりやすさは変わってきます。

 

 

10代のうちは、乾燥肌よりもオイリー肌に悩まされている人が多いでしょう。

 

しかしこの時期にももちろん、肌の乾燥が酷い人もいます。

 

 

10代は、体の変化が激しい時期でホルモンバランスも安定していません。

 

そのせいで肌が乾燥することもあるのでしょう。

 

 

保湿しなくても十分に潤いが満ちている時期ですが、ニキビなどの肌荒れが気になって顔を洗い過ぎてしまったり、間違ったスキンケアが原因で乾燥肌になってしまう場合もあります。

 

 

20代は、一番肌が安定している時期です。

 

しかしストレスや食生活などが影響して乾燥肌になってしまう場合があります。

 

 

また、無理なダイエットが影響する事も多いでしょう。

 

 

30代以降は、どんどん体内の保湿成分が失われていきます。

 

体内の栄養の減少はもちろん、食生活、ストレス、体質などの影響も関わってくるでしょう。

 

年齢を追うごとに、どんどん肌が乾燥しやすい状態となってしまいます。

 

 

若いうちはオイリー肌だったという人でも、年齢をおうごとにどんどん肌の潤いが減少していくはずです。

 

 

保湿は肌を美しく保つ為にとても重要です。

 

できれば20代のうちからしっかりとケアをするようにしましょう。

 

 

現代人は乾いている!その原因は?

 

 

肌質にはさまざまな種類があります。

 

しかし一番多いのが、乾燥肌なのではないでしょうか。

 

 

オイリー肌や敏感肌よりも、乾燥肌に悩まされている人は多いですし乾燥肌用のスキンケア商品もたくさん販売されています。

 

なぜ、乾燥肌になりやすいのでしょうか。

 

 

それは、乾燥肌になる原因がとても多いからです。

 

乾燥肌はさまざまなことが原因で起こります。

 

 

たとえば、基本的な肌荒れの原因となる食生活、生活習慣、ストレスなどです。

 

これらは全て、体内に栄養が不足し肌にも影響を及ぼす減少でしょう。

 

 

さまざまな要因が重なり、体内の栄養がなくなり、肌も十分に保湿できない状態になってしまいます。

 

 

年齢による影響も大きいでしょう。

 

若いうちは肌内部でさまざまな保湿成分が作られていますが、20代後半くらいからどんどん減少していきます。

 

 

そのため、年齢を追うごとにどんどん乾燥肌の人が増えてしまうのです。

 

 

環境的要因あります。

 

外気が乾燥していると、肌の保湿も十分に行うことができません。

 

 

普段は肌が潤っている人でも、冬場はしっかりと保湿しないと肌の潤いを保てないのではないでしょうか?

 

 

肌は湿度などの影響をとても受けやすく、湿度が低下していると肌もどんどん乾燥してしまいます。

 

 

 

ドライスキンは乾燥肌のこと?

 

肌質にはさまざまな種類があります。

 

よく言われているドライスキン肌は、いわゆる乾燥肌のことです。
名前は違いますが、どちらも同じ肌質のことを言います。

 

ドライスキン肌は、皮脂分泌量が低下してしまい、角質の水分含有量が低下した状態のことをいいます。

 

皮膚の水分量はさまざまなことが原因で数値が変動していくのです。

 

普段のスキンケアや食生活はもちろん、発汗や季節によっても水分量は変化していくでしょう。

 

スキンケアが足りない人や肌内部の栄養が足りない人は、ドライスキン肌になりやすいといえます。

 

また、夏場は汗のおかげで自然と潤っている事も多いですが、冬になると空気が乾燥しているので、冬だけドライスキン肌になるという方も少なくはありません。

 

 

ドライスキン肌は、スキンケアを丁寧に行うことで改善をすることが可能です。
しっかりと肌に水分を補い、肌のバリア機能を高め、栄養を吸収することが出来れば、肌に潤いが満ち、内部の水分量も上がってくるでしょう。

 

逆に、肌の水分量が少なければ乾燥し、老化しやすい肌状態となってしまいます。
バリア機能も低下し、トラブルが起きやすい状態となってしまうでしょう。

 

肌を守るためにも、ドライスキン肌を改善しましょう。

ピュアルピエが一番安い公式サイト!